幼児 授乳の虫歯、赤ちゃんの歯磨き について 虫歯予防.com

キッズデンタル メインページ

幼児・授乳期の虫歯予防・赤ちゃんの歯磨き

1. 赤ちゃんの歯磨きのスタート時期について

0歳6か月ころに歯が萌え始めます。基本的には歯が萌えたら歯ブラシで歯を磨いてあげてください。1歳以下で虫歯になることはほとんどありませんが、虫歯になりやすいところは、歯と歯の間や歯の溝などガーゼなどでは落ちにくい場所です。1日1〜2日は磨いてあげてください。

2. 授乳(母乳・ミルク)について

虫歯の予防だけで考えると、1歳6か月までに、母乳・ミルクは卒業することが重要です。過去の多くの研究で、1歳6カ月以降の授乳により虫歯が急増すると報告されています。

3. 歯磨きが苦手な場合

3歳以下のお子さんのほとんどは、歯ブラシが大嫌いです。とくに2歳前後に嫌がるピークがあります。ただ、歯磨きをしないと虫歯になってしまう可能性がありますので、1日1回は抑えてでもきちんと磨いてください。どんなに嫌がるお子さんでも毎日続けていれば、遅くても3歳半くらいには、きちとんとできるようになります。

4. 歯ブラシ・歯磨き粉の選び方について

歯ブラシは、一般的に販売されている赤ちゃん用のものでおおむね問題いありません。本人に持たせる場合は、安全性と咬んでブラシをダメにしてしまうので、専用の安全なものを選んでください。

写真

Copyright(C)KID's DENTAL. All rights reserved